読書と音楽を嗜む日記

読書と音楽を好きに語ります。

悪意

東野圭吾 「悪意」どこでいつ人から悪意を抱かれるかわからない。手記から始まる物語。その手記が物語の重要な部分であり、迷宮に連れて行った。罠を紐解いていく加賀刑事に、鳥肌が立ちこんなトリックだったのかと、東野圭吾さんの技法に驚かされた。加賀刑…

どちらが殺した?

東野圭吾 「どちらかが彼女を殺した」いやー素晴らしい作品でした。タイトルの通り、容疑者は序盤で2人だと分かる。しかし犯人は最後まで明確にはされない。読者自身が所々にあるヒントを推理する事で、犯人が分かるようになっている。また推理の手引きもあ…

十字架を読んで

十字架を読んで思った事があります。内容には全く関係ないですが、早く結婚したい。両親に孫を見せてやりたい。孫と手を繋がせてあげたいと。ありがとうございました。十字架 (講談社文庫)

十字架

重松清さんの十字架を読んだ。重松さんの作品を読むのは初めてで、テレビで流星ワゴンを見たことがある程度でああった。第一印象はとても読みやすい。本書の内容はいじめを苦に自殺したあいつの遺書には、僕の名前が書かれていた。あいつは僕のことを「親友…

新年最初のライブ

今年最初のライブ行ってきました!!と言っても、2週間くらい前になるのですがブログを書く時間がなかったので、今更になってしまいますが…(笑)初ライブはandropさん!!10周年の初日に行ってきました!いやー初っ端からImage Wordで始まり最高でした。Kaona…

毎日の曲

私は営業職のため、毎日だいたい150〜200キロほど車で移動しています。これだけ長時間運転していると眠くなったりしてくるわけで、そうなるのでずっと音楽を流して運転してます。ここ2ヶ月ほどはハンブレッターズさんをずっと垂れ流して聴いてます。そもそも…

自己紹介

はじめまして。こんにちは。このブログは本と音楽の感想などを書きたいなと思っています。まず初めに、自己紹介から。私は社会人2年目の24歳です。仕事は営業をしています。なんだかんだで遅くまで仕事をしている為、なかなか本を読む時間が確保できないのが…