読書と音楽を嗜む日記

読書と音楽を好きに語ります。

悪意

東野圭吾 「悪意」


どこでいつ人から悪意を抱かれるかわからない。

手記から始まる物語。その手記が物語の重要な部分であり、迷宮に連れて行った。

罠を紐解いていく加賀刑事に、鳥肌が立ちこんなトリックだったのかと、東野圭吾さんの技法に驚かされた。


加賀刑事の洞察力、行動力、その全てが現れていた。

また加賀刑事の過去も少し知る事ができた。




はやく、はやく続きを読みたい。



悪意 (講談社文庫)

悪意 (講談社文庫)