読書と音楽を嗜む日記

読書と音楽を好きに語ります。

どちらが殺した?

東野圭吾 「どちらかが彼女を殺した


いやー素晴らしい作品でした。

タイトルの通り、容疑者は序盤で2人だと分かる。しかし犯人は最後まで明確にはされない。読者自身が所々にあるヒントを推理する事で、犯人が分かるようになっている。

また推理の手引きもあり、そのおかげでヒントの部分も分かるようになっている。


加賀恭一郎シリーズは順番に読んでいるが

本当に面白く、読んでいて楽しい。


本書のようなタイプの推理小説を読むのは初めてだったので、新鮮であり何度も読み直してしまいました。

早く続きが読みたいと思います。


どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)